トイプードルの散歩の頻度について是非知っておこう

ごらく

トイプードルは室内犬だし、小型犬だし散歩はそんなにいらないのでは?

と思ってる人も多いのではないでしょうか。

本来トイプードルは運動能力に長けた犬種になるので散歩をし適度な運動をさせてあげることが大切です。

部屋の中で飼ってると家の中を走り回るので小型犬のトイプードルであれば十分な運動をできてると思いがちですが、散歩をして運動をさせてあげる必要があります。

トイプードルの散歩頻度について


トイプードルの散歩をする頻度としては、1日2回、1回につき20分~30分ぐらいするのが理想的です。

長すぎず、短すぎず、頻度としてはこれくらいを目安に散歩をしてあげましょう。

暑さと、寒さに注意して散歩する


散歩時には夏の暑さと冬の寒さには気をつける必要があります。

小柄なトイプードルは地面と体の距離が近く地面から感じる温度の影響を受けやすいです。

真夏の暑い日などは地面の温度もかなり上昇しているため熱中症、やけどに注意が必要です。

反対に真冬の寒い時は体が冷えすぎると免疫力も下がってしまう恐れもあるためこちらも注意が必要です。

散歩の距離


トイプードルを散歩させる時の距離の目安は1回につき1キロ~2キロぐらいです。

ただ、これはあくまで目安になります。

散歩に行く前に家の中で動き回っていたら、疲れ具合も違ってくるので、飼い主さんが適宜に対応してあげることが必要です。

しかし、長時間の散歩は関節を傷める原因にもなるので控えるようにしましょう。

トイプードルが散歩を嫌がる時


トイプードルが散歩を嫌がっていこうとしない時は理由があります。

代表的なのは、体調がすぐれない、散歩コースに飽きた、雨でぬれるのが嫌だ、、、

などと言った理由で行きたがらないこともあります。

重要なのは体調がすぐれない為行きたがらない時です。

散歩コースを変えたり、雨の日は家で遊ぶなど対策をしたけど行きたがらない時は、何かの病気の可能性もあるので早めに病院に行き診てもらうことをおすすめします。

散歩時の注意点


トイプードルの毛はくるくるとカールがかかっており、このせいで小さなほこりやゴミが絡まりやすくなっています。

更に、そこに毛玉ができていると、いろんなものが絡まる恐れがあります。

厄介なのは虫がが絡んだり小枝などが絡んでしまうと取りにくいです。

ドッグサロンで取ってもらう場合はお金がかかってしまうので、そうならない為にも普段からブラッシングをこまめにし、毛玉ができてないかチェックしてあげましょう。

トイプードルの散歩頻度についてのまとめ


トイプードルは小柄なので室内で動き回っていると運動になり散歩は必要ないように思いがちですが、そうではありません。

本来、トイプードルは運動能力に長けた犬種であり、散歩などで体を動かすことが大好きです。

頻度としては、1回につき20分~30分を1日に2回してあげることが理想的です。

室内のみならず、散歩に連れていき喜ばせてあげましょう。

また、トイプードルのご飯について興味のある方は「うちのトイプー」がおすすめです。

トイプードル専用手作りごはん【うちのトイプー】


この記事はこれで終わりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました