涙やけとはどんなものなのか?原因と対策について

その他


愛犬の涙やけに悩む飼い主さんは多いです。

涙やけを単なる汚れと思ってる飼い主さんも多いですが、涙やけを放置していると、結膜炎や角膜炎などの目の病気になってしまうこともあります。

そもそも涙やけとはどんなものなのか?

予防や対策はあるのか?

今回はそんな疑問に答えていきます。

涙やけとは?


涙やけとは涙の成分によって目の周りの毛の色が変色(赤茶色など)することです。

涙自体は無色透明ですが、毛についたまま放置してると時間とともに変色していきます。

何らかの事情で涙の量が増えたりすると目の周りが涙で濡れた状態が続くため涙やけが起こってしまいます。

ゴミや抜け毛が目に入る


人は目に異物が入るとそれを取り除くために大量の涙が分泌されます。

犬も同じで目に異物が入ると涙の量は増えていきます。

特に毛が生え変わる時期などは目に毛が入りやすいので涙やけになりやすいです。

また、タバコなどの煙が目に入って涙が止まらなくなることもあります。

鼻涙管が詰まっている


鼻涙管とは分泌された涙を、鼻の奥へ出すための細い管のことです。

鼻涙管が詰まると涙は行き場を失い、排出される涙もすべて目から外へ溢れでてきてしまうことになります。

また、老廃物が詰まっていたり、鼻涙管が狭かったりすると鼻涙管が詰まりやすく、涙やけが起こりやすいです。

まつ毛の生え方


目の表面にまつ毛が当たると涙が多く分泌されるため、涙やけが起こる原因にもなります。

代表的なのは逆さまつ毛などがそうです。

涙やけが起こりやすい犬種


涙やけが起こりやすい犬種は、トイプードル、ブルドッグ、パグ、シーズー、チワワ、マルチーズ、ミニチュアダックスフンド、柴犬などです。

これらの犬種を飼ってる人は特に涙やけに注意が必要です。

涙やけの放置はやめておこう


涙やけ自体は病気ではありませんが、放置をすると皮膚炎をおこしたり、結膜炎や角膜炎などの目の病気になることもあるので絶対にやめましょう。

目の周りが涙で濡れた状態が続くと細菌も繁殖しやすいため、目の病気になるリスクも高まるということです。

涙やけになってしまったら


涙やけになってしまった場合は、家庭内でも対処できることもあったり、予防をすることもできます。

皮膚炎などの病気にならない為にもケアをしていきましょう。

涙をこまめに拭いてあげる


コットンやガーゼを使って涙をこまめに拭いてあげましょう。

ティッシュは目の表面を傷つけてしまう恐れもあるためふき取る時は柔らかいコットンやガーゼを使うことをおすすめします。

目の周りの毛をこまめにカットしてあげる


まつ毛や、目の周りの毛が原因で涙やけが起こってる場合は、それらをこまめに切って涙やけの予防をすることもできます。

少々手間のかかることにもなりますが、涙やけから目の病気になるよりは愛犬のためにもいいことなので、手入れをしてあげましょう。

ネット上に散乱してる情報を鵜呑みにしない


よくネット上では、涙やけ対策としてホウ酸水やサプリメントを紹介しているサイトも多いです。

どれも間違いではないですが、個体差もあるため「涙やけが完全に消える」と言ったようなことはありません。

大切なのは、涙やけになってる原因について知り、早めの対策をしていくことです。

涙やけが気になる場合には、病院に連れていき、適切なケアの仕方を教えてもらうようにしましょう。

涙やけについてのまとめ


涙やけとは涙の成分によって目の周りの毛の色が変色(赤茶色など)することです。

この涙やけによって変色した毛の色を元に戻すことは残念ながらありません。

しかし、これ以上悪化しない為にできることはあります。

中でも「涙やけクリア」は涙やけによって変色し汚れてしまった目の周りをきれいにしてくれるのでおすすめです。

汚かった愛犬の涙やけをキレイにする獣医も薦める犬の涙やけ対策「涙やけクリア」



涙やけを予防するのにはこまめに涙を拭きとることでも十分対策はできますが、それでも涙やけの痕が気になる、目の周りの変色が気になるという方は是非一度使ってみてくださいね。



この記事はこれで終わりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました