トイプードルは散歩いらない⁉決してそんなことはありません。

ごらく



トイプードルって小型犬だし散歩いらなくない?

室内で飼ってるので部屋中動き回ってたらよくない?



トイプードルは小型犬だし、家の中で飼うことが多いので別に散歩しなくてもいいのでは?

こんな疑問てありますよね。

でも結論、トイプードルは散歩が必要です。

今回はトイプードルが散歩が必要な理由についてまとめてみました。

トイプードルは散歩いらないのでは?



トイプードルは小型の室内犬ですが散歩がいらないわけではありません。

1日最低でも30分ぐらいは散歩をさせてあげる必要があります。

トイプードルのような小型の室内犬は暑さと寒さに弱いためずっと外で暮らすことができない犬種になります。なので決して散歩を運動をしなくていい犬種ではないのです。

では次に散歩が必要な理由を順番に見ていきましょう。

運動不足の解消になる



これはもうそのままのことです。

犬もそうですが飼い主も一緒に散歩をすることにより健康的になれます。

また、トイプードルは骨折のしやすい犬種でもあるので足腰を鍛えれるという面でも散歩は必要不可欠です。

ストレスの解消にもなる



毎日の散歩で適度に運動をさせてあげるとストレスも解消できます。

ストレスをため込むと家の中で暴れまわったり、粗相をしたり、物を壊すなどの行動が現れてきます。

あまりにもひどい場合はストレスが原因で病気になることもあるので散歩をしてストレスをため込まないようにしてあげましょう。

社交性も身につけれる



散歩中に他の犬や飼い主と触れ合うことで社交性を身につけることができます。

神経質になり過ぎたり、臆病になり過ぎないためにも積極的にいろいろな景色や場面を散歩を通して見せてあげましょう。

散歩をするときに気を付けておくこと



トイプードルは散歩が必要なことが分かったと思いますが、散歩をする際に注意すべき点があります。

そこで特に注意すべき点を2つだけ書いておきます。

リーダーウォークを学ばせる



リーダーウォークとは犬が飼い主の先を歩いていくのではなく、常に横について歩いていくことです。

実はこれはできてない飼い主さん多いです。

リーダーウォークがしっかりとできてないといろんな場所に行きたがり飼い主を引っ張りまわします。

突然、飼い主を無視して走りだしたりすると事故につながる可能性もあるため、不測の事態を避けるためにも日ごろからリーダーウォークの訓練をしておきましょう。

拾い食いをさせないようにする



犬は散歩をしていると何かを食べてしまうことがありますがこれは極めて危険です。

道に落ちてるものが犬にとって有毒なものである可能性もあるため日ごろからしっかりとしつけをしておきましょう。

トイプードルは散歩がいらないについてのまとめ



トイプードルは小型の室内犬ですが散歩はいらなくありません。

毎日散歩をしてあげましょう。

理想は1日30分ぐらいの散歩を2回してあげると良いですが、最低でも1日1回30分ぐらいは散歩をさせてあげてくださいね。

最後にトイプードルを飼ってる飼い主さんにちょっと宣伝です。

トイプードルには専用の手作りドッグフードがあり、元気で長く暮らしていくにはこの手作りドッグフードはおすすめです。

手作りドッグフードがどんなものかを以下の記事にまとめてみましたので興味のある方はチェックしてみてください。

トイプードル専用の手作りドッグフードがどんなものなのかはこちらから見れます。





この記事はこれで終わりです。


最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました