靴を洗う時に色落ちしないコツについて

その他



お気に入りの靴を洗いたいけど色落ちしないかなぁ


靴を履いてると汚れや黒ずみは出てきます。

いくら丁寧に履いていてもいつの間にか汚れているなんてことも珍しくありません。

お気に入りの靴だとちょっとした汚れでも気になりいつでもきれいな状態にしておきたいですよね。

靴の汚れを落としきれいにするのは洗うのが一番いいですが、色落ちが嫌だから洗いたくても洗えない人もいるのではないでしょうか。

今回は靴を洗うときに色落ちしないコツについて紹介します。

靴を洗うときに色落ちしないようにするには



汚れた靴をタワシやスポンジを使ってごしごしと洗ってもきれいにはなりますが色落ちはどうしても心配になりますよね。

なので色落ちを抑えるには特定の洗剤を選んで使用することが重要になってきます。

そこで色落ちを抑えてくれる代表的な洗剤を紹介していきます。

オシャレ着用の中性洗剤を使用する



オシャレ着用中性洗剤を使って洗う場合は、バケツや洗面器などに水と洗剤をいれて洗剤液を作ります。

あとはスポンジやブラシなどで優しく手洗いをしてあげるときれいになります。

オシャレ着用中性洗剤だと色落ちも抑えれるのでおすすめです。

酸素系漂白剤を使用する



酸素系漂白剤を使う場合は初めに手洗い(水洗い)をしておき汚れを落としておきます。

この時、頑固な汚れは無理にゴシゴシと洗って落とそうとしなくても大丈夫です。

水洗いが終わったら、あとは酸素系漂白剤に漬けてしばらく放置しておくだけです。

その後は水できれいに洗い流せばいいだけです。

オキシクリーンを使用する



オキシクリーンはコストコにもある洗剤のことですが靴を洗うときに使うときれいになります。

酸素系漂白剤の時と同じようにあらかじめ水洗いである程度汚れを落としておきます。

その後にオキシクリーンに漬けておくだけであとは放置で大丈夫です。

酵素の力で頑固な汚れもきれいに落としてくれます。

十分に漬け終わたらあとは水洗いでそそいでやればOKです。

靴を洗うときはひもなどは取っておく



靴を洗う時はひもなど、取り外しできるものは事前に取っておきましょう。

また、靴の中に入ってる小石や、砂、ほこりなどは取り払っておくと良いです。

乾かす時もコツがある



乾かす時は風通しの良い日陰で乾かすようにします。

直射日光にあてて乾かすと色褪せたり、生地が縮んで型崩れの原因にもなるので注意が必要です。

靴を洗う時の色落ちについてのまとめ



今回は靴を洗う時に色落ちしないようにするコツについて紹介しました。

ぜひ正しいやり方でお気に入りの靴をいつでもきれいな状態で保てるようにしていきましょう。

もし、洗うのがめんどくさいって方は靴のクリーニングがおすすめです。

手間もかからず大切な靴をきれいに洗ってくれるのでぜひ参考にしてみてください。

かんたん宅配クリーニング



この記事はこれで終わりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^)v


コメント

タイトルとURLをコピーしました