シニア犬の食事を選ぶ時のポイントについて

その他


一般的に7歳以上になるとシニア犬になると言われ、飼い主さんの方でケアをしてあげる必要が出てきます。

中でも重要なのが食事になります。

愛犬によってはシニア期に入っても食欲旺盛で元気に動き回るということもあるかもしれませんが、体は目に見えない所で徐々に変化が起こっているのも事実です。

ではシニア期の食事とはどんなものがいいのでしょうか。

今回はシニア犬の食事について解説していきます。



イカ天
イカ天

シニア期に入った犬は徐々に飼い主さんの方でフードを変えてあげる必要があるよ

シニア犬の食事について



シニア犬の食事について難しく考える人もいますが、「低脂肪、低カロリー、高たんぱく質」のものを与えればいいです。

フードを選ぶ時はこの3つがポイントになります。

シニア犬になると徐々に運動量も落ちてくる

犬もシニア期に入ると徐々に運動量も落ちてきて家で寝ることが増えてきます。

中にはシニア期に入っても運動量もさほど落ちず元気な犬もいますが多くの場合は成長期よりも体力も衰え筋力も落ちてきます。

なのでシニア犬に高カロリーの食事を与え続けているとすぐに肥満化してしまうので注意が必要です。

肥満になると老化を促進させるだけでなく様々な病気を引き起こす可能性も高まります。

消化能力も加齢とともに減少してくる



見た目が変わらなくても、体内の消化吸収力は加齢とともに衰えるものです。

内臓に負担をかけない為にも消化を助けてくれる乳酸菌などが配合されているフードを選ぶと良いです。

消化の悪い食事は内臓に負担をかけるので消化しやすいフードを選ぶことが大切です。

噛む力や顎も弱くなってくる



シニア期に入ると徐々に顎周りの筋力も落ちてきて今まで食べていたフードを食べれなくなることも珍しくありません。

体力維持には食事は欠かせないので、歯や顎が衰えてきた愛犬には水分量が多い柔らかいタイプのフードを与えると良いでしょう。

シニア犬の食事への切り替えについて



愛犬がシニア期に入った時の食事の切り替えは今まで与えていたフードにシニア犬用のフードを少しづつ混ぜていってあげると良いです。

急にフードを変更すると愛犬が食べてくれない可能性もあるので少しづつ慣らしていき1週間ぐらいをめどに完全に切り替えると良いでしょう。

食事は規則正しく与えてあげよう



食事もこれまで通り1日2回をベースに規則正しく与えてあげましょう。

愛犬によっては1日に3回与えるなど一回の量を減らしてあげるのもいいです。

また、おやつを与える時も消化に良いものを与えるようにしましょう。

元気だからと言っても油断は禁物



シニア期に入っても食欲は落ちず、元気だからと言っても油断は禁物です。

犬の体の中ではシニア期に入ると徐々に変化もしてきているので、早めの対策をしてあげましょう。

シニア犬の食事についてのまとめ



愛犬にはいつまでも若々しく元気でいてもらいたいというのは飼い主さんならだれでも思うことです。

特に7歳以上の愛犬は徐々に体の衰えがで始まるころなので、年齢に合った食事を与え健康管理に気をつけてあげましょう。

シニア犬の特に小型犬には「ヤムヤムヤム」がおすすめです。



Yum Yum Yum!(ヤムヤムヤム) シニア&ライト



その他のドッグフードについては以下にまとめてあるので参考にしてみてください。


この記事はこれで終わりです。







最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^)v


コメント

タイトルとURLをコピーしました