日本酒はまずいと思う代表的な理由

ぐるめ


<br>

日本酒をまずいと思う人は意外に多いよね

日本酒をまずいと思う人の大半は、あの独特の香りが苦手という人も少なくありません。

実際に、アルコール度数は高いし、カクテルやチューハイのようなさわやかな香りはほぼしません。

その他、たまたま飲んだ日本酒が美味しくなかったなど、美味しい日本酒に出会えてない可能性もあります。

今回は日本酒は「まずい」についてまとめてみました。

日本酒はまずい



結論から言うと日本酒はとても飲みやすく、まずいものではありません。

まずいと思うのは、美味しい日本酒に出会えてなかったり、そもそもお酒自体がそこまで好きでない可能性もあります。

とはいえ、まずいと感じるのにはそれなりの理由があるのでどんな理由が多いのか見ていきましょう。

アルコールの匂いが強い



日本酒がアルコール臭が強いのは品質を保つためです。

このアルコール臭が強めなのは安い日本酒や品質が良くない日本酒に多く、とてもおいしいとは思えません。

コンビニや、スーパーなどで安く売られてる日本酒に割と多いです。

アルコール度数が高め



日本酒のアルコール度数は大体15度くらいです。

これは、ビールやチューハイに比べると3~4倍高くなっています。

チューハイなどに慣れてしまってると、日本酒の度数は飲みなれてないときついかもしれません。

ごくごく飲むよりちびちび飲むイメージ



日本酒は、チューハイやビールなどように、ごくごく飲んだりはしません。

どちらかと言えば、自分のペースでゆっくりと飲んでいく感じです。

喉が渇いてるときなどに、一気に飲みたいときなどは、ビールやチューハイを飲みたくなります。

オシャレ感があまりない



チューハイやカクテルなどに比べると、日本酒は色合い的にも地味です。

また、味もカクテルのようにバリエーション豊富な訳ではないので、華やかさにもやや欠けると言えるでしょう。

日本酒をまずいと思う人におすすめなのは?



日本酒をまずいお酒と決めつけるのはまだ早いです。

まずいと思う人は今から紹介することをまずは試してみてほしいです。

冷酒で飲んでみる



冷酒で日本酒を飲む時には少しコツがあります。

とっくりでもグラスでもいいですが、飲む前に、先に注いでおき、それを冷蔵庫に入れておきます。

ある程度冷え切った後だと、とても飲みやすくなるので、おすすめです。

特に日本酒が「まずい」と思う人は、熱燗よりも冷酒にして飲んでみましょう。

吟醸酒を飲んでみよう



吟醸酒はフルーティーな味わいのものが多く、そこまで、アルコール臭も強くないです。

香りも味もまろやかなので、フルーティーな味わいの日本酒を飲んでみましょう。

値段が高めの日本酒を飲んでみよう



正直なところ、日本酒は値段が高めの方が美味しいです。

味、香り、飲みやすさとすべてに置いてバランスがいいものが多いです。

ただ、高めの日本酒と言っても、数万円もするものを選べて言ってるわけではありません。

一升瓶で2000円ぐらいのものでも安酒に比べると圧倒的に美味しいものも多いです。

「日本酒はまずい」についてのまとめ



今回は日本酒はまずいについてまとめてみました。

最近では日本酒カクテルがあるなど、色々な飲み方も出てきてます。

「日本酒はまずい」と感じる理由は様々ですが、その中には、イメージの部分、美味しい日本酒に出会えてないこともあるようです。

日本酒は飲みやすくて美味しいものもたくさんあるので、苦手な人、イメージが良くない人も良い日本酒に出会えたら最高ですね。

こちらもおすすめ⇒日本酒の選び方で迷う方は必見!【日本酒選びのおすすめ】






この記事はこれで終わりです。


最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました