「三国志 」の小説で読みやすいのはどれ?

その他

三国志は西暦180年ごろ~280年ごろまでの中国の興亡史であり、魏、呉、蜀の3つの国に分かれてそれぞれが覇権を争ったことを書いた歴史書のことです。

さてこの三国志ですが、「正史三国志」「三国志演技」に分かれます。

三国志小説は主に「三国志演技」のことであり、正史三国志よりも脚色が加えられ物語としての完成度が高いです。

この記事では読みやすい三国志小説について紹介しますので是非参考にしてみてくださいね。

「三国志」の小説で読みやすいものは?

三国志の物語は西暦180年ぐらいから270年ぐらいまでの90年近くを凝縮してる物語なので中身は非常に濃いものになります。

特に小説となる中だるみしないで最後まで読みたいとなると、分かりやすさや、描き方などが重要になってきます。

そこで今回は読みやすい三国志小説のおすすめを紹介します。

初心者でも大丈夫!三国志小説

初心者でも読みやすく分かりやすい三国志小説なら「吉川英治歴史時代文庫」の三国志がおすすめです。

今でこそゲームや漫画で三国志は割と身近になりましたが、それまではこの本んで三国志を好きになり学んだという人も多いのではないでしょうか。

全10巻からなり一気に読みたい方は全巻セットがおすすめです。



子供でも読みやすい子供向け三国志小説

一見漫画と思ってしまいますが、れっきとした三国志小説です。

三国志の物語は内容が濃く読みなれない言葉なども多いですが、これだと子供でも大人でもスラスラ読むことができます。




それからこちらも子供でも読みやすい三国志小説です。

読みやすい三国志漫画

どうしても小説三国志が読めない場合は漫画三国志がおすすめです。


中でも横山光輝三国志は面白く分かりやすいのでおすすめです。


【漫画横山光輝三国志がもっと面白くなる!おすすめの読み方】




一気に読みたい方はこちらの全巻セットがおすすめです。


【読みやすくて分かりやすい。読んだ方がいい三国志漫画のおすすめ】





それから三国志漫画であれば「蒼天航路」も面白いです。

番外編:三国志ゲーム

三国志の小説や漫画を読むと三国志ゲームがやりたくなってきます。

三国志のゲームはコーエーテクモゲームスの三国志シリーズが有名ですが全15作品の中でも特におすすめは三国志13PKです。

三国志のゲームは通常、君主プレイが基本ですが13PKは武将でプレイすることができ面白さに幅が広まりました。

三国志のゲームに迷ったときはこちらがおすすめです。

まとめ

三国志を題材とした作品はゲームや漫画、小説と幅広いです。

中でも小説は最後までくじけずに読みやすいもの、分かりやすいものを選ぶことが重要になってきます。

三国志小説は初めての方でも読みやすく、子供でも大人でも読みやすいものもあるので是非参考にしてみてくださいね(^^♪

この記事はこれで終わりです。


最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました