トイ プードルの性格は色によって違うってほんと?【6カラー解説】

ごらく



イカ天
イカ天

トイプードルって毛色によって性格が違うの?

それぞれどんな性格なの?


トイプードルは毛色によって性格が違ってくると言われています。

毛色は何種類かありますがそれぞれの色によってどのように違ってくるのでしょうか?

今回はトイプードルの毛色ごとの性格や特徴についてまとめてみました。

トイプードルの性格は色によって違ってくる



トイプードルの毛色は大きく分けて6種類です。

トイプードルことトイプーは名前もさることながらそのぬいぐるみのような外見から多くの人に親しまれています。

ただ可愛いだけではなく非常に活発で賢い犬種です。

学習能力も高いので飼いやすくしつけもしやすいためペット初心者にも安心して飼うことができます。

そんなトイプードルですが実は毛色によって性格が違ってくるってしってましたか?

基本的な性格は同じですがそれぞれの色よって特徴が見られます。

毛色は、ホワイト、ブラック、ブラウン、シルバー、レッド、アプリコットの6種類があります。

それぞれどんな特徴があるのか順番に見ていってみましょう。

甘えん坊な性格はホワイト



ホワイトの性格はツンデレタイプです。気が強いくせに甘えん坊なホワイトは魅力がいっぱいです。

トイプードルの中でも比較的に社交的な性格なのでコミュニケーションも取りやすいです。

ドッグランなどで他のワンちゃんと出会ってもすぐに打ち解けることができます。

控えめで落ち着いた性格はブラック



飼い主にはとても従順ですぐになついてくれるので初めてペットを飼う人にはおすすめです。

トイプードルの毛色の中でも比較的に賢い部類に入るためしつけもしやすく飼いやすいのが特徴です。

育てやすく毛も丈夫なのでお手入れもしやすいです。

マイペースな性格はブラウン



ブラウンの特徴は人見知りで少し協調性に欠けますが記憶力は高く賢い一面もあります。

マイペースで穏やかな性格なので長い目で見ていくと強固な信頼関係を築いていくことができます。

野心家でもあり忠実な性格でもあるシルバー



シルバーは独立心が旺盛な野心家タイプと温厚で忠実なタイプに分かれます。

トイプードルの中でも比較的に頑固な方なのでよくコミュニケーションを取り信頼関係を築いていくことが大切になってきます。

信頼関係が出来上がると忠実に慕ってくれるようになります。

陽気な性格はアプリコット



アプリコットはやんちゃで元気いっぱいですがやや協調性に欠けることがあります。

他のワンちゃんと良好な関係を築くのがあまりうまくありません。

ですがその毛色からぬいぐるみを彷彿させルックスも可愛らしいので見る人を魅了します。

人懐っこい性格はレッド



レッドは元気で明るくとても人懐っこい性格です。

また、トイプードルの中でも比較的に体臭も少ない方なのでニオイが気になる人でも飼いやすいです。

しつけに関してはゆくっりと時間をかけてしていくのがポイントです。

トイプードルの性格は毛色以外にも個体差も関係してる



トイプードルの毛色による性格の違いはあくまでも傾向であり、実際にどのようなしつけや教育をしていくかや個体差によっても変わってきます。

トイプードルは犬の中でも賢い部類に入る犬種なので飼いやすいことに変わりはありません。

どの毛色を選択するかは好みによるところも大きいです。

トイプードルの性格は「毛色によって違ってくる」のまとめ



今回はトイプードルの毛色による性格や特徴について紹介していきました。

「毛色によって性格がちがうの?!」と驚いた人もいるのではないでしょうか。

毛色による性格はあくまで傾向的であるので育てる環境などによっては変わってきます。

それぞれどのような性格や特徴があるのかどうかの参考にしてみてくださいね。

最後になりますがトイプードルには専用の手作りドッグフードがあるのはご存じでしょうか。

手作りドッグフードを与えることは長く健康でいてもらうためにはとても大切なことなので記事にまとめてあります。

興味のある方は以下の記事を参考にしてみてください。



トイプードル専用手作りドッグフードはこちらから見れます。





この記事はこれで終わりです。





最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました