小説は漫画に勝てないのはなぜなのか?徹底検証してみました

漫画・アニメ



小説は漫画に勝てないって本当なのでしょうか?

小説には小説にしか味わえない楽しさがあるのは事実ですが、漫画業界に押されてる感も否めません。

そこで今回は、小説が漫画に勝てない理由について掘り下げていきたいと思います。

この記事は小説が漫画に勝てないのはなぜなのか?について書いてあります。

小説は漫画に勝てない理由



小説が漫画に勝てない理由としてまずあげられるのは読む人が限られてしまうことです。

基本的に文字ばかりの本を読むことになるので、子供は好んで読まない傾向にあります。

また、イメージがわきにくく、自分なりに想像力を高めて整理して読み進めていかないと物語が頭に入ってこないこともあり、分かりやすさと読みさすさにおいても漫画に比べると難易度は高いと言えます。

長編小説だと集中力が切れて途中で読むのをあきらめてしまうなどじっくりと腰を据えて読まないといけないところもやや敷居が高い言えるでしょう。

小説は漫画に勝てない理由②



小説が漫画に勝てない理由の2つ目は表現方法が限られてしまうことです。

これはどういうことかと言うと基本的に文字で内容や伝えたいことを表現していくため、読者の想像力が重要になってきます。つまり読者次第の読み物になります。

漫画のように作者が伝えたいことを絵で表現することはないので、文字でイメージをしてもらい想像力を膨らませ楽しんでもらうことが前提になります。

これは、一見すると自由度が高いように見えますが、ある程度自分なりに考えて読み進めていかないといけないため、煩わしく感じることもあるため、ある意味自由度はあってないようなものになるでしょう。

小説は漫画に勝てない理由③



小説が漫画に勝てない理由の3つ目は説明しすぎることです。

こればかりは小説の性質上、仕方のないことかもしれませんが、どうしても結論までたどり着くまでが長く、文字で細かく表現していくことになります。これには読む人にとっては回りくどく感じる人もいるでしょう。

今ではライトノベルスのような比較的に絵も多く読みやすい作品も多くでできているのは、こういった回りくどさから読者の離脱を防ぐことも考えられているのかもしれません。

小説は漫画に勝てない理由④



小説が漫画に勝てない理由の4つ目は単純に売り上げです。


これは、漫画業界の圧勝になります。

作品数も多いし、アニメ化などされたりと漫画の方が万人受けする傾向が強いです。

実際に、同じ内容の小説と漫画があったとしたら、漫画の方が読みやすく分かりやすいため、売り上げも多いです。

まとめ:小説は漫画に勝てないのは読む人を選ばない強さがある




今回は小説は漫画に勝てない理由について見ていきましたが、ポイントは読む人を選ばないということが大きいです。

小説は文字だけで表現していくため、大人向けに書いていくと子供には分かりにくく、逆に子供向けに書いていくと大人には読みづらいものになってしまいがちです。



漫画であれば、絵と言う圧倒的な表現力を駆使して描いていけるため、子供から大人まで幅広く読まれる分、漫画に分があると言えます。



ただ、小説には漫画で得られない楽しみ方もあるため、うまく自分に合った方を選択すると幅が広がります。

僕は断然漫画が読みやすくて面白い作品も多いためおすすめです。

今後漫画を読んでいくときのおすすめツールは電子漫画を利用することです。コストも安く作品数も多くスマホ一つでどこでも手軽に読めるためおすすめです。

電子漫画サービスについてはこちらの記事にまとめてありますので参考にしてみてください



この記事はこれで終わりです。


最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました