イナゴを食べる地域ってどこなの?【食用イナゴについて解説】

ぐるめ

日本では昔、イナゴを食べることがあったみたいだけど今でも食べてたりするのかな



日本では昔イナゴを食べてたというのを「漫画はだしのゲン」で初めて知りましたが、実は今でも食べられています。

イナゴと言えば、バッタとよく似てる昆虫ですが、見た目だけで判断するととても食べようとは思いませんよね。

しかし、長野県、群馬県、山形県などでは今でもイナゴを佃煮にして食べています。

今回はそんな食用イナゴについて解説していきます。

イナゴを食べる地域



イナゴを食べる習慣がある地域で代表的なのは長野県、群馬県、山形県です。

その他に宮城県の一部の地域や東京、神奈川なども含まれており広い範囲にわたって食べられています。

主に海産物の取れない山間部では貴重な栄養源として昔から食べられており、今でもその習慣が残っています。

イナゴは佃煮にして食べる



いくらイナゴが食べれる昆虫と分かっていても調理せずに食べるなんてことはしません。



主な調理方法は佃煮にして食べることです。

その他にも素揚げや炒め物としても食べることができます。

イナゴは栄養価が高い



イナゴに限らず昆虫食はタンパク質が非常に豊富に含まれています。

また多くの昆虫食は簡単に調理、加工ができ水分も少ないので粉末加工もしやすいという利点があります。

また近年昆虫食は健康食としても注目されてきておりイナゴはその先駆けともいえるでしょう。

イナゴが食べられるようになった理由



イナゴが食べられるようになったのはその栄養素の高さからです。

有名なアイヌ民族がアザラシや、生肉を食べるのは他に補える栄養素がない為それらを食すことにより必要な栄養素を摂取します。

日本も昔は今のように輸入が行われてなかった為、海産物の取れなかった山間部ではイナゴは必要な栄養源だったのです。

また、イナゴは稲刈りの時期に大量発生して作物を食い荒らすので、害虫駆除と栄養素の摂取とまさに一石二鳥だったわけです。

イナゴは漢字で「稲子」と書く



イナゴは漢字で「稲子」と書きますがこれは主食が「稲」だからです。

主食が「稲」なのでイナゴも栄養価が高いのはなんだか納得できるというものです。

しかし、そのイナゴをはじめに食べようと思った人はすごいですね。

イナゴを食べる地域についてのまとめ



イナゴは古くから栄養素の高い食料として日本でなじみが深いです。

主に海産物の取れない山間部ではイナゴで栄養素を補っていたほど貴重な食糧でした。

今でも長野県、群馬県、山形県ではイナゴの佃煮を食べる習慣があるのはその名残りとも言えるでしょう。

また、イナゴだけに限らず昆虫食は今注目されている分野になります。

興味のある方は以下をチェックしてみてくださいね。

高栄養価で美味しい昆虫食を選ぶならbugoom(バグーム)








こちらもおすすめ⇒昆虫食っていつからなのかまとめてみました





この記事はこれで終わりです。



最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました