飼ってみて分かった!トイプードルの育て方のコツ

ごらく



イカ天
イカ天

トイプードルを育てるのにいい方法ってあるのかな?

初心者にもできるしつけ方ってあるの?

愛犬と長く暮らしていくにはきちんとした育て方をしてあげることはとても重要です。

育て方やしつけがちゃんとされてないと快適に一緒に暮らしていくことも難しくなってきますもんね。。。

そこで今回はトイプードルの育て方、しつけのコツについて紹介していきます。

トイプードルの育て方のコツ



せっかくトイプードルを飼ってるのならお利巧さんに育て上げたいですよね。

トイプードルはとても賢い犬なので正しい教育をしていけばやっていいことと、悪いことの判別はすぐにできるので飼い主さんは安心してくださいね。

ここからは育て方のコツを主にトイレ、無駄吠え、噛み癖の3つに分けてそれぞれ見ていきましょう。

トイプードルの育て方【トイレ編】

トイレのしつけのポイントはよく観察して、きっかけを作ってやることです。

犬は食後にすぐにトイレをしたがるのでそわそわしたりぐるぐる回りだしたらすぐにトイレに連れて行ってあげてください。

この時にうまくトイレができたらとことんほめてあげるようにしましょう。

たとえ失敗したとしても強く起こるのは絶対にダメです。

怒り過ぎるとトイレそのものがダメなんだと勘違いをしてしまい、飼い主に見つからないように部屋の隅っこでトイレをするようになる可能性もあるからです。

はじめのうちは上手くトイレができないこともありますが粘り強く覚えさせることによってできるようになっていきます。

ポイントは上手くできたらほめてあげることです。

トイプードルの育て方【無駄吠え編】




そもそも無駄吠えをするのは恐怖心や、身を守るため、何かやってほしいときなどに起こる傾向があります。

無駄吠えをやめさせるには必ず目を見てダメだということを言葉でゆっくりと伝えたあげると良いです。

決して頭ごなしに叱るのはやめましょう。

また、無駄吠えが収まったらすぐにほめてあげるのもポイントです。

1度や2度では無駄吠えがなくならないことも多いので根気よく繰り返しやってあげることで無駄吠えはなくなります。

トイプードルの育て方【噛み癖編】



噛む時はじゃれてるときや、本気で嫌がってるとき、遊んでほしいときなどが原因の場合が多いです。

飼い主さんのことをしきりに噛んでくるような場合は無視をすることも一つの方法になります。

痛がったりして何かしらのリアクションを取ると面白がったり、遊んでもらえてると勘違いをしてしまいさらにひどくなるケースもあります。

何も反応せず無視を決め込むとこんなことしても遊んでもらえないと覚えてくるので無視は効果的です。

それでも治らない場合は、荒療治ですが犬の鼻を強く噛んでやってください。

そうすることによって逆らえないと体で覚えさせることもできます。

また、部屋にあるものをなんでも噛んでしまう場合には噛んでいいおもちゃをいくつか与えるとよいでしょう。

その他はストレスが原因の時もあるため適度な運動や散歩をしてあげると家の中では疲れてすぐにおとなしく寝るようになりますよ。

小さいときからのしつけがとても大切



しつけは愛犬と快適に生活していくためには絶対に欠かすことのできないものです。

まだ子犬のうちにしっかりとしつけをすることによって愛犬と飼い主の間にしっかりとした信頼関係を築いていきましょう。

しつけは根気強くしていくことがポイントなので上手くいかなくても我慢強くやっていってくださいね。

トイプードルの育て方のまとめ

トイプードルの育て方はトイレ、無駄吠え、噛み癖の3つに絞るとやりやすいです。

なんでもできるパーフェクトな愛犬に育てるのではなくこの3つだけでも快適に暮らしいけるので我慢強く育ててあげてくださいね。

最後にはなりますが愛犬の健康管理は飼い主の務めでもあるので健康維持にも気を付けてあげましょう。

トイプードルには専用の手作り健康ドッグフードがあるので興味のある方は一度チェックしてみてくださいね。

トイプードル専用の手作り健康ドッグフードはこちらから見れます。






この記事はこれで終わりです。



最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました