犬は歯磨きをしないとどうなるのか?歯磨きの大切さ

その他

愛犬には歯磨きなんてさせなくても大丈夫って思っていませんか?

犬に歯磨きをさせずに放っておくと人と同じように歯周病などの病気を引き起こす原因にもなります。

実際に愛犬の手入れはしっかりとやる方だけど、口の中までは、、、と言ったように敬遠しがちになってたり、歯磨きガムだけで済ませてしまう飼い主さんも多いのではないでしょうか。

犬も人と同じように歯磨きは必要になってくるのでやらないと健康面でも悪影響が出てきます。

犬は歯磨きしないとどうなるのか


犬は歯磨きをしないとお口の中に細菌が溜まっていきます。

そのままにして放置しておくとやがて歯肉炎になり、歯周病になる可能性が高まります。

犬が歯周病になると


犬の歯周病の症状は主に口の中での出血、口臭、食欲が低下するなどです。

進行が進むと歯を支えることもできなくなり、歯が抜けてしまったり、顎周りの骨がもろくなったりします。

また、細菌が血管に入ってしまうこともあり、そうなってしまうと歯だけではなく内臓にも悪影響が出てきてしまいます。

そうならない為にも歯磨きは重要になってきます。

犬も人と同じように歯磨きが必要


犬のケアで忘れがちなったり敬遠しがちなのが歯磨きです。

しかし、歯磨きをしない犬は口の中に細菌も多く繁殖しやすいので歯周病などのトラブルになるリスクが高まります。

また、お口の中のトラブルだけでなく、骨や内臓にも影響が出てくる可能性もあるため、あとで後悔しない為にも愛犬のために歯磨きはおすすめします。

どれくらいの頻度で歯磨きすればいいのか


頻度に関しての理想は毎日してあげることですが、仕事で忙しい時などどうしても時間が取れない時は、週に1.2回はしてあげるようにしましょう。

犬は歯石になるのも早いので最低でもこれぐらいのペースでしてあげることが大切です。

歯磨きをする際のポイント


犬にとって歯磨きは大切であることは分かってもいざしようとするとすんなりやらせてくれる犬ばかりではありません。

歯磨きが嫌い犬は多いです。

歯磨きをしようとしても嫌がって無理な時は以下の記事にポイントをまとめてあるのでぜひ参考にしてみてくださいね。


犬の歯磨きにおすすめなアイテム紹介


犬の歯磨きにおすすめなのは【BowDent バウデント】です。

歯の汚れを落とし歯周病などの病気にならない為には「歯ブラシで歯を磨く」ということが大事です。

歯磨きが苦手、嫌がる愛犬にもおすすめなので是非利用してみてください。

【BowDent(バウデント)】

「犬は歯磨きしないとどうなるのか」についてのまとめ


犬も人と同じように歯磨きはする必要があります。

やらないで放置しておくと歯周病などの病気にもなり、症状が悪化すると、骨や内臓にまで悪影響が出てきてしまいます。

歯磨きをするということはお口の中だけではなく、愛犬の健康にもつながることなので、歯磨きを習慣化してない飼い主さんはこれを期に是非歯磨きをしてあげましょう。

愛犬ケアの常識、はじめませんか?【BowDent(バウデント)】




この記事はこれで終わりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました