犬が歯磨きを嫌がる時にやってほしいこと【ポイントはたった2つだけ】

その他

犬も人と同じように歯磨きをしないと歯垢や歯石が溜まったり、歯周病の病気にかかってしまうこともあります。

しかし、初めから歯磨きをすんなりとさせてくれる犬は少ないです。

大抵、歯磨きを嫌がります。

あまりにも嫌がるので結局歯磨きをできずにそのまま放置することも少なくありません。

そこで今回は歯磨きを嫌がる犬におすすめの方法について紹介します。

イカ天
イカ天

歯磨き嫌いなワンちゃんは多いのでおすすめのやり方を紹介するよ

犬が歯磨きを嫌がるのはなぜか



犬が歯磨きを嫌がるのはほとんどの場合、歯磨きに慣れていないからです。

簡潔にに言うと、歯磨きになれれば嫌がることはないということです。

では、歯磨きに慣れさすにはどうすればいいのでしょうか。

シンプルに「歯磨きを楽しい時間に変える」「歯磨きはご褒美がもらえる」

この2点を抑えておきましょう。

まずは犬の歯を見られるようにし触れるようにしよう



嫌がってる犬にいきなり歯ブラシで歯を磨こうとしても余計に嫌がってしまいます。

先ずは、歯を見れるようになり、触れるように徐々にしていく必要があります。

この時に、ご褒美を与えながらやると慣れやすいです。

犬が歯を見られたり、触られたりするとご褒美がもらえて楽しくなるという認識を持たせてあげましょう。

歯ブラシにも慣れさせる



歯を見られたり触れるようになってきたら次は歯ブラシを慣れさせてあげましょう。

この時のポイントは歯ブラシを見せてる手にご褒美のおやつなどを一緒に持つことです。

歯ブラシが登場すれば同時にご褒美も登場し、もらえるとなれば犬は歯ブラシが好きになり慣れてきます。

歯を磨けたら「ご褒美を与える」を繰り返そう



歯ブラシにも慣れてきたら次は歯を磨いていきましょう。

この時、歯を1本磨けたらご褒美を与えるということを繰り返し、全部の歯を磨くようにします。

徐々にご褒美の回数を減らしていき歯磨きに慣れさせていきましょう。

最初のうちは少し大変ですが犬が歯磨きに慣れるまで我慢強くやってあげることが大切です。

歯磨き嫌いを克服するには雰囲気作りも大切



歯磨きに慣れさすには飼い主さんの方で楽しくなる雰囲気作りも大切になってきます。

楽しくなる雰囲気作りとはたくさん褒めてあげるとこです。

褒めて喜ばせてあげよう



歯磨き嫌いを克服するには褒めながら慣れさせてあげましょう。

褒めてあげることで犬は喜び歯磨きが楽しい時間に変わるので慣れやすくもなります。

犬に楽しい時間と思わせることが大切です。

歯磨きをするときのポイント



犬に歯磨きをするにあたって飼い主さんに知っておいてほしいことが2つだけあります。

一つは、歯磨きは長時間しないこと、もう一つは、できるだけ毎日歯磨きをしてあげることです。

この2つはとても大切になってきます。

長時間歯磨きをしない



歯磨きを長時間すると大抵の犬は嫌がります。

そうなってくるとせっかく慣れてきた歯磨きも嫌いになってしまう可能性もあります。

飼い主さんとして時間をかけて歯磨きをしたいところですが、犬が嫌がり始めたら無理に続けずにその時は一旦終了しましょう。

そして時間をおいてまたするなど歯磨きを数回に分けてすると良いでしょう。

できれば毎日歯磨きをしてあげると良い



犬の歯磨きはできるだけ毎日する方が良いです。

毎日歯磨きをすることにより口内トラブルを防ぐことができるからです。

犬も人間のようにケアをしてあげないと歯石や歯周病などのトラブルに見舞われます。

そうならない為にも毎日歯磨きをしてあげることが大切です。

どうしても毎日が難しい場合は、週に1、2回でも大丈夫ですが、その際は歯磨きガムなど犬用のデンタルケアで補うようにしましょう。

犬が歯磨きを嫌がることについてのまとめ



初めから歯磨きが好きな犬はいません。

犬の歯磨き嫌いを克服するには「歯磨きを楽しい時間に変える」「歯磨きはご褒美がもらえる」の2つを抑えておくことがとても重要になってきます。

可愛い愛犬のためにもぜひ根気強く歯磨き嫌いを克服させてあげましょう。

愛犬の歯が磨けるようになるデンタルケアセット【BowDent(バウデント)】






この記事はこれで終わりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました