犬の無駄吠えは近所迷惑になるので早めの対策を取ろう

その他

愛犬の無駄吠えはご近所には騒音です。ちゃんと対策してますか?



飼い主にとって可愛い愛犬もご近所の人にとっては何ともないただの犬です。

ましてや、やたらと吠えまくる、無駄吠えが多い犬の場合だと、迷惑極まりない犬と化します。

ご近所の人から苦情が来ないのはご近所の人が我慢をしているだけです。

しかし、いつまでも改善しないようであればいつかは苦情も来ることになります。

そうなるとお互いあまりいい気持にはなれませんよね。

ご近所さんとの関係を悪化させない為にも愛犬の無駄吠えには飼い主さんがしっかりと対策をしてあげる必要があるのです。

犬の無駄吠えは近所迷惑になりかねない



犬は吠えるものと考える人も多いですが、無駄吠えは近所の人からしたら迷惑しかありません。

飼い主には可愛く映る愛犬は多少の甘やかしをしてしまいがちですが、無駄吠えは近所の人からすると迷惑なだけです。

犬が吠える時



犬が吠える時は感情表現の表れでもあります。

「お腹が空いた」「うれしい時」「怖い時」「不安な時」などがそうです。

これらは愛犬に寄り添ってなぜ吠えてるのかを理解することで概ね解決はできます。

無駄に吠える犬はいない



犬が吠える時は飼い主に何かを伝えたいときや先ほど説明した感情表現を現した時です。



それ以外に不必要な無駄吠えは飼い主さんのしつけの重要さが大切になってきます。

犬好きな人ばかりではない



飼い主さんのように世の中の人みんなが犬好きとは限りません。

犬の鳴き声だけで過剰に反応してしまう人や、ストレスに感じる人もいます。

飼い主さんにとっては些細な音かもしれませんが、そこには我慢をし続けてる人もいることを忘れてはなりません。

犬の無駄吠えからご近所トラブルになることも



犬好きの飼い主さんには何とも感じない鳴き声もご近所の人には苦痛でしかありません。

犬の無駄吠えが原因でトラブルになるケースもあるので飼い主さんは早めの対策が必要です。

過去には裁判になった事例も



犬の鳴き声が原因で過去には裁判沙汰になったケースもあり飼い主に損害賠償命令が下ったこともあります。

あまりにもひどい場合は最悪の場合こうなっても仕方ありません。

特に飼い主には鳴き声がどれくらい近所の人にとって苦痛なのか分からないことが多いので注意が必要です。

ひどい嫌がらせをされることもある



中には、犬の鳴き声によって過度にストレスがたまり、自宅に嫌がらせをされるケースもないとは言えません。

「犬の鳴き声がうるさくてもう少し静かにするようにしてくれませんか」というようなことを言えないご近所さんもいるのです。

飼い主にとって対策をしてるつもりでもご近所にとってはそうじゃない時もあるので、些細なことでも注意を払うようにすることが大切です。

犬の無駄吠え対策とは



無駄吠えをさせない為にはストレスをできるだけ貯めさせないようにしてあげることも必要です。



効果的なのが毎日の散歩です。

犬は散歩が大好きで、わずかな時間でも外に出て走り回りたいと思っています。

適度に散歩をして運動させることでストレスも軽減でき、家にいる時は疲れてよく寝るようになります。


飼い主と愛犬のコミュニケーションを取るうえでも散歩は大切になってきます。

しつけ教室に通わせる



授業料を払ってもいいのであればしつけ教室に通わせることで無駄吠え対策をすることもできます。

費用としては、1回につき5000円~10000円ぐらいでそれを最低でも5回以上は通わせることになります。

通わせるまでの交通費もかかるので費用面に問題がないようであれば無駄吠え対策として利用してみるのもありです。

犬の無駄吠えは近所迷惑であることについてのまとめ



愛犬の無駄吠え、しつこい鳴き声は飼い主さんが想像してる以上にご近所さんにとっては迷惑なことです。

愛犬とともにご近所さんとの関係も円滑にするために、飼い主さんは無駄吠えの対策をしっかりとする必要があります。

僕が無駄吠え対策でおすすめするのは「無駄吠え防止グッズのしつけくん」です。

愛犬の首につけてリモコンのボタンを押すだけで無駄吠えを一瞬でやめさせることができます。



つけるとこんな感じになります。

リモコンを押すと 電気、振動、警告音を流すことができ、いずれかの方法で犬の無駄吠えをストップさせます。

流れる音も愛犬にとって苦痛なものでもないので安心できます。

しつけ教室で高い費用を払うぐらいであればこちらの方が安くつき、一々通わせる手間もないのでおすすめです。

無駄吠え防止グッズのしつけくん



愛犬の無駄吠え対策に興味のある人は「無駄吠え防止グッズのしつけ君」を是非参考にしてみてくださいね。





この記事はこれで終わりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました