ドッグフードを食べない犬にはある共通点がある

その他

愛犬がドッグフードをあまり食べてくれないなぁ

食べないのは理由があるのかなぁ



愛犬がドッグフードを食べないと心配になりますよね。

どこか体の調子でも悪いのかと心配にもなりますし。。。

今回は愛犬がドッグフードを食べてくれないとお悩みの方へ理由と対処法についてまとめてみました。

ドッグフードを食べない犬は理由がある



愛犬が突然ご飯をあまり食べなくなると飼い主さん的にはとても心配になります。

しかし、犬がご飯を食べなくなるときはいくつか要因があり様々です。

必ずしも健康状態が悪いため食べないのではなく実は身近なことが原因のことも少なくないので、どのような時に食べなくなるのか順番に見ていきましょう。

ストレスで食べない



犬も人と同じようにストレスにより食欲がなくなりご飯をあまり食べなくなる時もあります。

このような状態から解放してあげるにはリラックスをさせてあげることです。

留守番の頻度が多い、散歩にあまり行けてないなど愛犬に悲しい思いをさせてしまうとストレスも増えて食欲もなくなることがあるので、日ごろから運動をさせて、コミュニケーションをとっておきましょう。

そうすることによりリラックスでき、ご飯の食いつきもよくなります。

ご飯の切り替えで食べない



警戒心の強い犬の場合、ドッグフードを違うものにすると食べなくなることもあります。

ニオイは嗅ぐけど食べようとしない、またはあまり食べない場合などがそうです。

この場合はいきなり新しいドッグフードに変えるのではなく今までのドッグフードに新しいのを混ぜて少しづつ鳴らしていくのが良いです。

そうすることで新しいドッグフードだけでも食べてくれるようになります。

体調不良で食べない



体調不良の時は当然ながら食欲もありません。

嘔吐や下痢、横になったままぐったりしているなどの症状が顕著に表れたときは健康状態が良くないので早めに病院で診てもらうようにしましょう。

フードが合わないため食べない



体調不良でもなく食べない場合、実は与えてるドッグフードを変更してあげるだけで食べるようになることもあります。

また、ドッグフードは食べないけどもおやつは食べるといったようなこともありこの場合は好き嫌いをしている可能性が高いです。

いつものドッグフードにおやつを混ぜる、ドッグ―フードをふやかして食べやすくする、またはドッグフードそのものを変更するなどして様子を見てみましょう。

以下の記事におすすめのドッグフードについてまとめてあるので参考にしてみてください。



老化が原因で食べない


犬も人と同じように加齢とともに食欲も減ってきます。

嗅覚や味覚の衰えによりこれまで通り食べなくなることもあります。

この場合、フードをふやかしニオイを強くする、食べやすくするなどしてあげると良いです。

または、ドッグフードを変えてみるのも良いでしょう。

ドッグフードを食べない時の一工夫

愛犬がご飯を食べない時の理由と対処法については前項で紹介してきましたが、ちょっとした工夫次第でも食べるようになることもあります。

ではどのようにすればいいのか見ていきましょう。

食べなかったらご飯を下げる



健康上の問題がない場合これをやると効果的なこともあります。

単なるわがままで食べないこともあるので、これを食べないと何も上げないということをしっかりと認識させてあげることで食べるようになることもあるので、試してみる価値はありです。

フードをアレンジする



犬用のふりかけを使ったり、ミルクを混ぜたりと味を変化させてあげることで食べるようになることもあります。

ドライフードから、ウエットフードに変えてみるのも良いです。

ただ、その場合は与えてるドッグフードそのものを変えた方が早いかもしれません。

ドッグフードを食べない犬についてのまとめ



今回はドッグフードを食べない犬についての理由と対処法について紹介してきました。

愛犬がご飯を食べない、もしくは食べようとしない時は必ず何かしらの原因があるのでしかっりと解決してあげることが大切になってくるので愛犬をよく観察し向き合っていきましょう。

最後にドッグフード選びで迷ったなら以下の記事におすすめのドッグフードについてまとめてあるのでぜひ参考にしてみてください。

ドッグフードのおすすめはこちらから見れます。




この記事はこれで終わりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました