犬のご飯の時間は決めた方が良いのか?不規則はダメ?

その他

愛犬のご飯の時間や間隔は決めた方がいいの?

時間が不規則だとだめなのかな?


愛犬のご飯の時間や間隔はちゃんと決めていますか?

ペットとして飼われてる犬のほとんどはこのご飯の時間が1日で最もうれしい時間ではないでしょうか。

では犬にとってご飯の時間はちゃんと決められている方がいいのでしょうか。

そこで今回は愛犬のご飯の時間についてまとめてみました。

犬のご飯の時間について



愛犬にご飯をあげる時間帯は人と同じようにある程度は決めてあげると良いです。

ただし必ずしも同じ時間帯にあげないとダメと言うわけではなく、同じくらいの時間帯に上げるのが望ましいです。

人と同じで不規則な時間帯にご飯を与えていると犬の体にも負担がかかりやすくなるからです。

犬も人も不規則な食事は健康を害するリスクが高まるということです。

ごはんの間隔は大切



愛犬にご飯をあげる時間帯よりも大切なのがご飯をあげる間隔です。

1日に2食を与えるというのであれば12時間くらいはあけてあたえるようにするのが理想的です。

1日に3食であれば、8時間、4食であれば6時間くらいはあけるようにすると良いでしょう。

ご飯の間隔は長すぎても短すぎてもダメ



この犬にご飯をあたえる間隔は長すぎると空腹で体に負担がかかり、間隔が短すぎても胃に負担がかかってくるので健康面でもよろしくありません。

何よりも愛犬の体に負担をかけないためにも、ご飯を与える間隔は一定に保ってあげるようにしましょう。

毎日、決まった時間に決まった間隔で同じくらいの量を食べるのは犬にとっては一番です。

これは人間にも言えることですが、規則正しい食生活をすることで健康被害のリスクを抑えることもできるので、心がけていきましょう。

散歩のあとにすぐにご飯を与えてはダメ



散歩のように運動をした後にすぐにご飯を与えると場合によっては胃拡張・胃捻転症候群の原因になり死んでしまうこともあります。

なので、運動をさせた後にご飯を与える場合には1~2時間ぐらいは間隔をあけてあげましょう。

散歩前に与えるのもあまりよろしくない



実は散歩前に与えるのも散歩後すぐにご飯を与えるのと同じように胃拡張・胃捻転症候群になりやすいです。

犬はご飯を食べた後すぐにトイレをしたがるので、そのためにすぐに散歩をさせる飼い主さんも少なくありません。

特に外で飼ってる犬の場合だとなおさらです。

これも犬の体的にはあまりよくないので、散歩前にご飯を与えるときは30分から1時間ぐらいは休憩を取ってから散歩するようにしましょう。

犬のご飯の時間についてのまとめ



犬のご飯の時間帯やご飯を与える間隔は決まり事ではありません。

しかし、犬も人と同じように規則正しい食生活をすることで体の負担は減り、健康を害するリスクも減らせます。

ご飯の時間帯や間隔は各家庭ごとに違い、毎日同じようにするのは難しい飼い主さんもいるとは思いますが、愛犬が健康でいるためには理想的なことではあるので心がけていきたいですね。

こちらもおすすめ⇒もう迷わない!ドッグフードのおすすめ紹介





この記事はこれで終わりです。


最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました