買ったけど着ない服を捨てるのは理由がある

その他



洋服を買ったのに着ることなく捨てる理由はいくつかありますが、一番多いのは「いつか着ることもあるだろう」思いずっと放置してたら何年も経ちその後に捨てるパターンです。



この買った服を何年も一度も着ないで放置したままの状態の人って実は結構多いです。



そして最終的に捨てるという選択肢を選ぶようになります。



でも、これものすごくもったいないです。



今回は買ったけど着ない服がクローゼットに眠ってる人、捨てたことがある人に読んでほしい記事です。



買ったけど着ない服を捨てる時って?



買ったけど着ないで服を捨てるときに多いのが、「いつか着るかもしれないから置いておこう」と思うときです。


このパターンの場合のほとんどは「やっぱり着ない」です。


なので最終的に何年も経った後に捨てることになるのです。



またクローゼットの整理をしていた時に「もう着ないだろうな」と言うような服が何年間も眠っているなんてこともよくあります。ですが最終的には捨てることを選ぶ人がほとんどです。

着ない服を捨てると運気が上がる




着ない服をずっと置いとくよりも捨てた方が運気が上がると風水的には言われています。

古い服をいつまでも置いておくと運気の流れが悪くなると考えられているからです。

中には運気のことを気にして服を一気に捨てる人もいます。

しかし、そもそもの話、着ない服をいつまでも置いている時点ですでに運気はよくないです。


捨てるようになるまでに何年も月日が流れてある日、着てない服の存在に気づきそれから捨てようとしますが、それではもう遅いです。すでに運気の流れはよくないです。

ではすぐに捨てられな人の潜在意識はどんなものなんでしょうか。

大体次の3つに分かれます。


もったいなくて捨てられない

いつか着るかもしれないから捨てられない

その服に思い入れがある



これらが理由で捨てられない人ってたくさんいます。

そして更に言えば着ない服を〇〇するというメリットを知らないからです。

ではその〇〇とはどんなことなのでしょうか。

着ない服は捨てるよりも売ってみよう





着ない服をいつまでも置いといて最終的に捨てるようになるのは、売るというメリットを知らないことが多いです。


服は売ればお金に換わるというのがメリットです。


捨てないでずっとクローゼットの中に眠ってる服は宝の山の可能性だってあるわけです。


これ、そのままにしておくとほんとにもったいないですし、運気もよくないですし、いいことはありません。

捨てるのはいつでもできますが、その前に売ることを考えてみてください。


売れば、お金に換わりそれでまた別の服を買うなんてこともできるのです。

この時にできるだけ手間なく費用も掛からず売るのが一番いい方法です。


メルカリなどでは作業がめんどくさいし、リサイクルショップに持っていくのも手間がかかります。


だったら、手間も費用も掛からない、宅配買取サービスを利用して売ってみましょう。


まとめ:買ったけど着ない服を捨てるのもありだけど売るのはもっとあり




着ない服を最終的に捨てるという選択はなんら間違いでもなんでもありません。

しかし、捨てるという選択をすることは売る方がメリットあるということを知らない人がほとんどです。

捨てるのも売るのもクローゼットの整理ができる、風水的に運気が上がるなどは一緒です。

どれも服の断捨離だからです。

でもどうせなら、お金に換えた方がよくないですか?

そのお金で今度はちゃんと着る服を買ったり、ほしいものを買った方がよくないでしょうか?

だったら着ない服をいつまでも置いておくのであれば売ってしまった方がいいはずです。

この時に売る方法は、費用も掛からず、手間もかからない方法である宅配買取サービスを利用するのがおすすめです。


初めての人も安心できるおすすめの洋服宅配買取サービス【厳選10社】はこちらの記事にまとめてあります。



着ない服がクローゼットに眠ってる人は是非有効活用してみてくださいね。





この記事はこれで終わりです。



最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました