トイプードルはチョコを食べたらダメ。知らないと恐ろしいことに

ごらく


飼ってるトイプードルがチョコを食べちゃった⁉

大丈夫なのかな?

人にとって甘くておいしいお菓子であるチョコレートも犬にとっては有毒になります。

愛犬に食べさせないように注意を払っていてもうっかり食べてしまうこともあります。

今回は愛犬にとっての毒であるチョコレートを万が一食べてしまったときの対処法についてまとめてみました。

この記事はトイプードルにチョコレートが有毒である理由と万が一食べてしまったときの対処法について書いてあります。

トイプードルがチョコを食べたら危険な理由



チョコレートに含まれる成分には犬にとって強い毒性があり、摂取した量によって重症度が変化します。

少ない量であれば問題ないこともありますが、そもそもチョコレートは犬にとって毒であることに変わりはないので、飼い主さんは絶対に与えないようにしましょう。

では、実際にチョコレートを食べてしまったらどんな症状が出るのか見ていきましょう。

犬にとって怖いチョコの中毒症状

チョコの中毒症状とは主に以下の通りです。

嘔吐

神経障害

下痢

発熱

やたらと興奮する

痙攣

発作

多尿など

チョコレートはこれらの症状を引き起こしてしまうので注意が必要です。

また、量によっては死んでしまうこともあります。

舐めただけの場合や少量を食べたときは?



チョコレートを食べてしまったからと言って必ずしもチョコレート中毒になるとは限りません。

チョコレートの種類や量によっては中毒症状が出ない場合もあります。

そのため舐めただけとか少量を食べただけの場合は何ともないケースも少なくありません。

1日経過しても特に変化がなければ病院に行き診てもらうことも必要ないことがほとんどです。

トイプードルがチョコを食べてしまったときの対処法



まずは24時間愛犬を観察するようにしましょう。

中毒症状が出るまでは時間がかかるため最低でも24時間は様子を見るようにしましょう。

もし、何も起こらなければ問題ないことがほとんどです。

次に中毒症状が出た場合はすぐに病院で診ててもらうようにしてください。

家庭でもできる中毒症状対策として、食塩やオキシドールを飲ませるといいということも聞きます。

しかし不慣れな場合も多く、時間が経過すると症状も悪化する恐れがあるので、できるだけ早く病院に連れていくことをおすすめします。


とにかく愛犬がチョコレートを食べてしまった場合は、症状が現れなくても病院で診てもらった方が安心できます。

トイプードルがチョコを食べたときのまとめ



トイプードルに限らず犬にとってチョコレートは有毒になります。

中毒症状が出たり、場合によっては死に至ることだってあります。

ちょっと舐めただけ、食べただけでなんともない場合でも心配であれば病院に連れていき診てもらうようにしましょう。

最後にちょっと宣伝です。

トイプードルのために作られた専用手作りドッグフードがあるのは知っていますでしょうか。

トイプードルを飼ってる飼い主さんには特に知ってもらいたいことなので以下の記事にまとめてあります。ぜひチェックしてみてくださいね。

トイプードルのための専用手作りドッグフードがおすすめな理由





この記事はこれで終わりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました