ドッグフードによるアレルギー症状とは?原因と対策

その他

愛犬の食事アレルギーはドッグフードが原因のこともあるって知ってた?

ドッグフード選びも大切になってくるよ




愛犬の健康を考えるのなら毎日の食事管理は欠かすことはできません。

ドッグフードを気にする飼い主さんは多いですが、原材料にどういったものが含まれているのかまで注意深く確認する人は少ないのではないでしょうか。

そこで今回はドッグフードに含まれるアレルギーを引き起こす原材料、愛犬に与えたいドッグフードの大切さについてまとめました。

ドッグフードによるアレルギー症状とは



市販されているドッグフードには原材料として穀物が使われていることがあります。

穀物とは、大豆や小麦、トウモロコシなどがそうです。

犬は本来肉食動物なので、穀物を上手く消化することができず、食事アレルギーになりやすいため注意が必要です。

主な症状としては以下の通りです。

体をかゆそうにする

下痢、嘔吐

フケが出る

むくみや熱

毛が抜けだす

指間、肉球を執拗に舐める



愛犬のことを考えるならば、穀物を使用していないグレインフリーのドッグフードを与えることをおすすめします。

アレルギーは穀物のほかに添加物が原因の時もある



愛犬にドッグフードを与えるときに穀物アレルギー以外に注意しなければいけないのは添加物です。

この添加物が原因で食事アレルギーになることさえあります。

また、添加物の中には発がん性物質の原因になるものなども含まれていることがあるため、愛犬にドッグフードを与えるときはこれらのことにも注意しましょう。

アレルギーを起こさないドッグフードの選び方



愛犬の食事アレルギーが気になる場合は、主原料が肉であるドッグフードを選ぶと良いです。

またこの時、できるだけ質の高い肉が使われているドッグフードを選ぶようにしましょう。

粗悪で、質の悪いどのような肉が使われてるのか分からないドッグフードではアレルギーもそうですが愛犬の健康にも影響が出やすいため購入するときは原材料にも注目すると良いです。

無添加、グレインフリーのドッグフード



市販のドッグフードには、保存料や着色料なの添加物が使われてるものも少なくありません。

これらは、アレルギー症状だけでなく、健康被害のリスクも高まります。

また、グレインフリー以外のドッグフードは先にも述べた通り、穀物が多く使用されておりアレルギーや肥満の原因にもなります。

ドッグフードは、無添加、グレインフリーのものを選ぶようにしましょう。

ドッグフードのアレルギー症状のまとめ



ドッグフードには犬が食事アレルギーになりやすい材料が使われていることも多いです。

特に、穀物を原材料として使用してるドッグフードは、アレルギーを引き起こしやすいです。

ドッグフードに使われる穀物の多くは、ドッグフードのかさ増しをし、原材料のコストを抑えるために使われているなど、犬の体のことを考えて使われているのもではありません。

大切な愛犬が食事アレルギーにならないためにもドッグフード選びは慎重にしていきましょう。



こちらもおすすめ⇒もう迷わない!おすすめのドッグフード





この記事はこれで終わりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました