ドッグフードは開封後、どのくらいで食べきらせるのがいいのか

その他

一度開封したドッグフードはどのくらいで食べないといけないんだろう?

開封後の賞味期限などあるのかな?

ドッグフードを開封してどれくらい持つのか気になりますよね。

特に大容量のドッグフードを買った場合、開封後何か月もかかって食べ終わるなんてこともあります。

そこで今回は開封したドッグフードはどれくらいで食べきらせるのがよいのかについてまとめてみました。

ドッグフードは開封後どのくらいで食べきればいいのか



開封したドッグフードは1ヶ月以内に食べさせてしまいましょう。

これはドッグフードは開封後、いい状態を維持できるのがこれぐらいだからです。

しかも、開封した後もしっかりとした保存状態にしておいた上でこのぐらいになります。

ドッグフードは開封後すぐに劣化が始まるわけではありませんが1ヶ月を目安にすると良いでしょう。

そのため一月以内に食べきれるサイズのドッグフードを選ぶと良いです。

ウェットフードの場合は2,3日が限界



ウェットフードの場合はさらに短くなり、開封後2,3日以内に食べるようにしましょう。

これは水分が豊富に含まれてるウェットフードは腐敗しやすいためです。

ただし、メーカーによってはもう少し長い場合もあるので記載されてる期限を確認しておくと良いでしょう。

ドッグフードの保管、保存方法



ドッグフードは開封後上手く保管、保存をすることにより品質の劣化を防ぐことができます。

また、ドライフードとウェットフードでは保存の仕方も異なってくるのでそれぞれについて知っておく必要があります。

では順番に見ていきましょう。

ドライフードの保管、保存について



ドライフードは基本的に、常温で保存するようにしましょう。

この時、直射日光が当たらない高温多湿にならない場所に保存するのがおすすめです。

冷蔵庫に保管をするということもできますがこれは、カビが生えたりすることもあるのであまりおすすめはしません。

できるだけ冷蔵庫以外の常温で保存できるところでしましょう。

ウェットフードの保管、保存について



ウェットフードは冷凍庫に入れて保管するようにしましょう。

中身をラップに包んで小分けにしてやると次回ご飯を与えるときにも分かりやすいです。

ただし、冷凍したからと言っても劣化しないわけではありません。

少しづつ劣化はしていくので、2~3週間をめどに使うようにしましょう。

開封後のドッグフードについてのまとめ



今回は開封した後のドッグフードについて紹介しました。

開封後はドライフードなら1ヶ月以内、ウェットフードなら2,3日以内に食べきらせるようにしましょう。

せっかく良いドッグフードを選んでも開封後の期限や、保存方法を間違えてしまい、健康を害してしまうことがないようにしていきましょう。

ドッグフードはできるだけ新鮮な状態で愛犬に食べてもらうようにしていってくださいね。

こちらもおすすめ⇒ドッグフード選びにもう迷わない!おすすめのドッグフード紹介





この記事はこれで終わりです。


最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました